コレクティブアイセラムを成分を1つ1つ簡単に解説します

シマボシコレクティブアイセラムが気になるけど安全性は大丈夫?

と気になっているあなたのために成分を1つ1つ解説していきます。

結論からお伝えすると副作用が心配な強い成分はありませんが肌が敏感な方は刺激に感じるケースはゼロではありません。

コレクティブアイセラムに苦手な成分が入っていないか確認したい場合の参考になればと思います。

  1. コレクティブアイセラム全成分一覧と成分を1つ1つ解説
    1. ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F
    2. グリチルリチン酸ジカリウム
    3. 精製⽔
    4. 濃グリセリン
    5. 1,3−ブチレングリコール
    6. マルチトール液
    7. シュガースクワラン
    8. 1,2−ペンタンジオール
    9. カワラヨモギエキス
    10. アルピニアカツマダイ種⼦エキス
    11. N−ステアロイルフィトスフィンゴシン
    12. セチルヒドロキシプロリンパルミタミド
    13. アルカリゲネス レータス B-16 ポリマー
    14. ヒアルロン酸ナトリウム(2)
    15. ⽔溶性コラーゲン(F)
    16. オウゴンエキス
    17. チョウジエキス
    18. オトギリソウエキス
    19. カモミラエキス(1)
    20. シナノキエキス
    21. トウキンセンカエキス
    22. ヤグルマギクエキス
    23. ローマカミツレエキス
    24. タイソウエキス
    25. 加⽔分解ヒアルロン酸
    26. タイムエキス(1)
    27. カンゾウフラボノイド
    28. N−ラウロイルサルコシンイソプロピル
    29. アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体
    30. イソヘキサデカン
    31. ポリソルベート80
    32. ジグリセリン
    33. マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル
    34. グリセリン脂肪酸エステル
    35. モノオレイン酸ソルビタン
    36. 架橋型メチルポリシロキサン
    37. メチルポリシロキサン
    38. ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液
    39. 天然ビタミンE
    40. d−δ−トコフェロール
    41. フェノキシエタノール
    42. ⾹料
  2. まとめ

コレクティブアイセラム全成分一覧と成分を1つ1つ解説

こちらがコレクティブアイセラムの全成分です。

有効成分:ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:精製⽔、濃グリセリン、 1,3−ブチレングリコール、マルチトール液 、シュガースクワラン 、 1,2−ペンタンジオール、カワラヨモギエキス、アルピニアカツマダイ種⼦エキス、N−ステアロイルフィトスフィンゴシン、セチルヒドロキシプロリンパルミタミド、アルカリゲネス レータス B-16 ポリマー、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、 ⽔溶性コラーゲン(F)、オウゴンエキス、チョウジエキス、オトギリソウエキス、カモミラエキス(1)、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、タイソウエキス、加⽔分解ヒアルロン酸、タイムエキス(1)、カンゾウフラボノイド、N−ラウロイルサルコシンイソプロピル、アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/ イソヘキサデカン/ポリソルベート80、ジグリセリン、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、グリセリン脂肪酸エステル、モノオレイン酸ソルビタン、架橋型メチルポリシロキサン、メチルポリシロキサン、ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液、天然ビタミンE、d−δ−トコフェロール、フェノキシエタノール、 ⾹料

それぞれ1つ1つ解説していきます。

ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F

メラニン生成を抑えシミやそばかすを防ぐ美白の有効成分。

プラセンタ自体はアミノ酸、ビタミン、ミネラル、核酸など幅広い成分を含む。

年齢に合わせたお肌のケアであるエイジングケアの代表的な成分。

有効成分とは?
化粧品には、通常の化粧品と効果が認められた有効成分を配合している医薬部外品があります。医薬部外品の場合は化粧品に認められていない「シミの予防」「荒れ肌への効果」「ニキビの予防」などの効果を表記できます。

グリチルリチン酸ジカリウム

抗炎症の有効成分。

甘草由来で安全性が高くニキビを防ぐ化粧品に配合されることが多い。

精製⽔

水のこと。化粧品の核となる成分で様々な成分を混ぜ合わせて化粧品を作る。

濃グリセリン

代表的な保湿成分。

1,3−ブチレングリコール

化粧品表記のBGのこと。代表的な保湿成分で抗菌効果もある。

マルチトール液

保湿成分。

シュガースクワラン

サトウキビを元に作られるスクワラン。お肌に馴染みが良く水分蒸発を防ぐエモリエント効果を持つ。

エモリエンンとは?
エモリエントとは水分蒸発を防いでバリア機能を保護してくれる効果のこと。

1,2−ペンタンジオール

化粧品ではペンチレングリコールと表記される。代表的な保湿成分で抗菌効果もある。

カワラヨモギエキス

お肌を引き締めて整える作用。

アルピニアカツマダイ種⼦エキス

透き通るお肌にアプローチしてくれる。

N−ステアロイルフィトスフィンゴシン

化粧品ではセラミド3と表記される。お肌のバリア機能と関わりが深い成分。

水分保持の力が強い保湿成分の最高峰。

セチルヒドロキシプロリンパルミタミド

セラミド2に似せた擬似セラミド。化粧品への配合やしやすい性質を持つ。

アルカリゲネス レータス B-16 ポリマー

アルカリゲネスレータスB-16株細菌からつくられたバイオポリマー。

乳化や増粘などの役割。

ヒアルロン酸ナトリウム(2)

代表的な保湿剤。

⽔溶性コラーゲン(F)

代表的な保湿剤。

オウゴンエキス

保湿やお肌の引き締め、お肌を整える役割。

チョウジエキス

保湿やお肌にハリを与え、整えてくれる。

オトギリソウエキス

お肌を引き締めてくれる成分。

カモミラエキス(1)

お肌を整えてくれる成分。

シナノキエキス

保湿やお肌を健やかにする成分。

トウキンセンカエキス

お肌を健やかにする成分。

ヤグルマギクエキス

お肌を引き締めて整えてくれる。

ローマカミツレエキス

お肌を整えてくれる成分。

タイソウエキス

保湿やお肌を健やかにしてくれる成分。

加⽔分解ヒアルロン酸

加水分解されたヒアルロン酸。保湿成分。

タイムエキス(1)

保湿やお肌を引き締める成分。

カンゾウフラボノイド

お肌を健やかに保つために働いてくれる成分。

N−ラウロイルサルコシンイソプロピル

アミノ酸系のエモリエント剤。

アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体

イソヘキサデカン、ポリソルベート80と一緒に配合される原料『SIMULGEL EG QD』に含まれる。

増粘剤と乳化の役割があり、乳化の条件が楽であるためコスト削減に貢献する成分。

イソヘキサデカン

エモリエント作用がある溶剤。

ポリソルベート80

乳化の役割。刺激の懸念がほぼない非イオン界面活性剤。

ジグリセリン

保湿成分。

マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル

エモリエント作用。

グリセリン脂肪酸エステル

乳化の役割。非イオン界面活性剤。

モノオレイン酸ソルビタン

乳化の役割。非イオン界面活性剤。

架橋型メチルポリシロキサン

毛穴や乾燥小ジワの隙間を埋めて目立たなくしてくれる作用がある。

メチルポリシロキサン

化粧品ではジメチコンと表記される。化粧品の感触をよくするために使われることの多いシリコーンの一種。

ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液

化粧品を劣化させる金属イオンの働きを抑えるキレート効果を保つ成分。

天然ビタミンE

化粧品の酸化を防ぐ。

d−δ−トコフェロール

ビタミンEの一種。製品の安定化のために配合されることが多い。

フェノキシエタノール

防腐剤。基本的に刺激を感じる心配はないものの、肌のバリア機能が壊れていると稀に刺激になることがある。

⾹料

香りをつけるために配合される成分の総称。複数入っていても香料と表記するだけで良いため、精油などが苦手な方は注意が必要。

まとめ

コレクティブアイセラムには結論として大きな副作用が心配になるような成分は含まれていません。

ただ、肌のバリア機能が壊れて敏感になっている方には刺激に感じるケースもゼロではありませんので、ご注意ください。

コレクティブアイセラムの体験談はこちらでお伝えしています。合わせて参考にしてみてください。

【コレクティブアイセラムの口コミ】効果なしで嘘か40代が購入して徹底検証
タイトルとURLをコピーしました